Newsニュース

【よみもの】聞こえないアテンドと見えないアテンドで綴る、季節の往復書簡

2020年12月よりスタートした、聞こえないアテンドと見えないアテンドで綴る、季節の往復書簡。
高校生で音のない世界に移住したサイレンスアテンドのかりんと、生まれてこのかた見るという感覚を使ったことのないダークアテンドのバリ・ジョニー。 二人の往復書簡に、どんな季節の移ろいを感じますか?


季節の往復書簡vol.1(2020.12.09)

 聞こえないかりんさんへ

見えないバリ・ジョニーより

ダイアログ・ミュージアムがオープンして、早いもので4カ月近く経ちましたね。
私にとってこのミュージアムのスタッフ控え室―私たちは『楽屋』と呼んでいますが―は特別な場所になっています。
生まれてこのかた見るという感覚を使ったことのない私ですが、コミュニケーションの大部分に視覚を使っているサイレンスのアテンドさんと交流できるのが、ダイアログ・ミュージアム「対話の森」の楽屋なのです。
使ってきた感覚が違えば、蓄積される文化が違う。と思えば、意外と共通点があったりもする。
文字を通じてかりんさんと対話する中で、『違い』と『同じ』を発見したくなりました。

そんなわけで、お手紙差し上げます。

最近はめっきり寒くなりましたね。
今年は外出中は必ずマスクを付けているので、外気の寒さはあまり感じません。
むしろ家にいるとき―マスクもしていないし、はだしだし、洗い物をしているときの寒さが身にしみます。
私はこの時期特別にほっとするにおいがあります。
お湯を沸かしているときのガスのにおいです。
普段ガスのにおいがしたら、ちょっと不安な気持ちになりますよね。
でも、私は冬の始まりの時期だけ、ガスのにおいを嗅ぐと「お湯を頻繁に使う季節になったんだなー」と気づき、手がお湯の温かさを思い出して温かい気がしてくるのです。
先日ダイアログ・イン・ザ・ライトを体験したお客さまが星には冷たい感じがする光と温かい光があることを教えてくださいました。
それと同じように、温かさを感じるにおいがあるんですね。
かりんさんは、どんな冬を感じていますか?


季節の往復書簡vol.2(2020.12.23)

見えないバリ・ジョニーへ

聞こえないかりんより

素敵なお便りをありがとう。
ダイアログ・ミュージアムのモミの木、清々しい香りが気持ちを凛とさせますね。
私とバリちゃんの身長(おそらく同じくらい小さいよね)の二倍以上はあるモミの木は、毎日わたしたちの目を楽しませてくれます。
対話の森にある、大きなモミの木。
バリちゃんは、どんな風に感じているのかな? ふれるとチクチクして痛いかしら?
対話の森の楽屋でそんな話も聞かせてほしいな。

私にとってコミュニケーションの大部分に聴覚を使っているダークのアテンドのみなさんとの交流って知れば知るほど『違い』がわかるし、それが面白くてたまらない。
文字を通じた、バリちゃんとの対話にとってもワクワクしています。

さて、冬のはじまりにガスのにおいをかぐとほっとする、というバリちゃんの感性好きだなぁ。
私はね、季節の中で冬が一番好きです。
特に冬の朝。 凍てつくほど冷たい空気のなか、息がほわっと白く見えるの。
まるで夜の間の静寂と沈黙の封印を解くように。夜明けの空に光る星は、冷たい輝きのように感じるよ。
明けの明星といわれる金星かな。 温かい光、とがった光、柔らかな光、星の光や色は全部違うけれどどれも美しいです。
そうそう、私は高校生の時に聴力を失ったのね。 きこえなくなってから夜空を見上げると、星の音が聴こえるような気がするの。
シャラシャラシャラ…。
カシャカシャカシャ…。
耳にくすぐったいような音。 流れ星は、ヒュー――ってロケット花火のように。
音を失って聴こえてくるものがあるって素敵よね。
バリちゃんは、夜空の星をどんな風に感じるんだろう?


最新号はダイアログメールマガジンで購読可能です!
メールマガジンの登録はinfo@dialogue-japan.orgにお問い合わせください。

ニュース一覧へ戻る